「業務用水素吸入器」の水先案内サイト ~すいすいB~ » 施設別で水素吸入器の導入事例 » カフェの導入事例

カフェの導入事例

こちらでは、鼻粘膜から直に水素を吸入するタイプのsuisonia という水素吸入器をカフェで導入している事例をピックアップし、紹介しています。

風邪を予防したり免疫力をアップさせたりするのをサポートするためのアイテムをカフェに設置したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。また、水素吸入器を導入することで、来店してくれたお客さんにとって、どのようなメリットがあるのか、といった点についても併せて解説していきます。

カフェで水素吸入器を
導入するメリット

カフェの店内に水素吸入器を設置しておくことでサービスをより一層充実させ、他店との差別化を図りやすくなることが、大きなメリットとしてあげられます。お客さんの中には、もともと水素吸入に興味があったけれどもハードルが高く感じられ、使用したことがない、という方もいるかと思います。そういった方にとってのハードルを下げることにもつながるでしょう。

カフェの導入事例を紹介

ここでは、水素吸入器を導入しているカフェの事例を、画像付きで紹介しています。「水素ステーションLA MAHINA」「MAHALO CAFE」の2件をピックアップしました。それぞれの活用の仕方をみていきましょう。

水素ステーション LA MAHINA

LA MAHINA
引用元:LA MAHINA
https://suisostation-lm.com/about-mahina.html#shop

有機肥料をふくむ様々な農薬フリーで自然栽培した原料を使用したコーヒーやオーガニックハーブティーなどを、楽しむことができるカフェです。こちらでは、スイソニアという水素吸入器を導入しています。

チューブを鼻に装着して水素を吸い込む、いわゆる粘膜吸収タイプなので、粘膜からじかに水素を血液へと取り込むことが可能です。鼻にチューブを装着するというと、どうしても病院などのシーンをイメージしがちですが、水素ステーションLA MAHINAでは吸収率を重視し、スイソニアを選択しました。食事を楽しみながら使用することも可能です。

MAHALO CAFE

MAHALO CAFE
引用元:MAHALO CAFE
https://www.mahalocafe358.com/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E5%90%B8%E5%85%A5/

愛犬と一緒に店内や店外で食事を楽しむことのできる、ハワイアンカフェです。お客さんが、食事だけでなく水素吸入も楽しむことで、リラックスしたり健康維持に役立てたりすることができるように、水素吸入器を導入しました。

水素吸入Salon ALLEY

水素吸入Salon ALLEY
引用元:エキテン
https://www.ekiten.jp/shop_29643876/photo/

大阪市北区にあるカフェサロンです。水素の摂取をしながら、ゆったりとした時を過ごすことができるのが特徴です。セミプライベートな空間になっているので、まわりの様子をあまり気にすることなく、リラックスしながらカフェタイムを満喫できるでしょう。

さらに、全身を包み込むようなマッサージチェアも設置されており、店内の設備がとても充実しています。また、国産米麹を使用したノンアルコールの甘酒入りのフルーツスムージーなど、ユニークなドリンクメニューが用意されているところも、もうひとつの注目ポイントです。ドリンクはテイクアウトにも対応しています。

suiso&cafe SAKURA

 suiso&cafe SAKURA
引用元:食べログ
https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22033678/dtlphotolst/3/smp2/

浜松にあるカフェです。このエリアでは吸引型の水素サロンが併設されているカフェがあまりないため、水素吸入を楽しみたい方にとっては貴重なお店だといえそうです。

また、カフェとはいっても、オシャレで落ち着いた雰囲気が感じられる店内空間になっており、むしろ「隠れ家的なレストラン」といったカテゴリーに属しているともいえます。そして、家族連れであっても入店しやすいカフェにするために、未就学児童の入店やベビーカーを引いての入店も受け付けています。

免疫アップや予防のためのサポートアイテムとしても利用できる水素吸入器。こういったアイテムを導入する考え方をもつカフェなので、料理のメニューにもヘルシー志向が強く感じられます。酵素をこわさないように、48℃を超える温度での加熱をせずに調理をするなどの工夫をこらしています。

エヌズヌード

エヌズヌード
引用元:Makuake
https://www.makuake.com/project/nsnude/

昼はカフェ、そして夜の時間帯にはバーになる、おしゃれなお店です。カウンター席・個室のいずれもあります。さらに、自由に座席をつくりかえられるようになっているので、例えばパーティーで利用するときなど、ニーズにあわせてテーブルやイスなどの設置個所を最適化することが可能です。

こちらのカフェでは、ストレスを多く抱えている現代人が、身体の「メンテナンス」をしていけるように、水素吸入器を導入し、手ごろな価格でランチタイムを過ごすためのメニューを設けています。鼻にチューブを装着して、鼻の粘膜から水素を直に取り込むことができる仕様の水素吸入器を導入しています。

導入事例まとめ

できるだけ直接的に水素を取り込むために、鼻にチューブを装着して使用するタイプの水素吸入器を採用しているところが多いです。吸入している最中であっても、問題なくドリンクを飲んだりランチを食べたりすることができるので、ゆったりとランチタイムを楽しむことができるでしょう。

目的別のおすすめ水素吸入器3選をチェック!

カフェに導入するならどんな水素吸入器を選ぶべき?

お客さんがカフェで使用するのに適した水素吸入器というと、チューブなどが不要な、空気を介して水素を吸い込むことができるタイプのものを思い浮かべるかもしれません。けれども、導入事例にもあるように、鼻にチューブを装着することで、より効率的に水素を摂取できるように設計されているものもおすすめです。装着時にも食事を楽しむことはできるので、その点でも問題はないといえます。

下記のページでは導入実績が豊富な信頼できる水素吸入器の水素発生量や価格、コスパについて比較しています。ぜひチェックしてみてください。

実績豊富な水素吸入器の
スペックを比較表でチェック!

水素吸入器を導入したい!
費用相場とは?

自社に業務用の水素吸入器を導入する際に、気になるポイントのひとつが、そのコストです。水素吸入器にはさまざまなメーカーがあり、さらにそのラインナップが複数展開されている場合があるため、おおよその相場をつかむのもなかなか難しいといえます。

そこで、価格設定がかなりひかえめになっている業務用水素吸入器を3つピックアップし、画像・価格・メーカー公式HPなどの情報を表にまとめました。さらに、販売価格のみに注目することで機器選びを失敗してしまうことのないよう、各機種についての特徴、そして上手な選び方をするためのコツについても解説していきます。

業務用水素吸入器の
販売価格を調査してみました!

カフェへの導入は購入とレンタルどちらが良い?

業務用水素吸入器は、購入する以外にもレンタルで導入することも可能です。ただし、すべての製品がレンタルできるわけではありません。レンタル対応のものから選ぶ必要があるため、好きな製品を選びたいという方は購入の方がおすすめ。カフェの雰囲気を壊さないデザインを提案してもらうのも良い方法です。

また、レンタルはレンタル費用のほか登録料や送料、消耗品、解約料などの料金がかかるので注意が必要です。契約期間の縛りがある場合も多いため、レンタル契約をする前にしっかり確認しておきましょう。購入、レンタルどちらも水素の発生量が十分かチェックし、連続吸入時間も確認しておくことが大切です。

業務用水素吸入器のレンタル情報をチェック!

あなたはどのタイプ? お悩みで探す「おすすめ水素吸入器」 

信頼できる製品が
わからない…

そんなあなたは

「納入実績」
で選ぶべき

導入コストは
かけられない…

そんなあなたは

「価格の安さ」
で選ぶべき

場所をとらないか
不安…

そんなあなたは

「サイズ」
で選ぶべき