「業務用水素吸入器」の水先案内サイト ~すいすいB~ » 水素吸入器メーカー・販売代理店リスト » 株式会社ブレイン

株式会社ブレイン

目次

がん治療など医療でも取り入れられるようになった水素。様々な機器が製造・販売されています。そんな業務用の水素吸入器メーカーのひとつがブレインです。ここでは、ブレインが取り扱う水素吸入器について、特徴などをまとめました。

ブレインの
主な水素吸入器

ハイドロパワー H-01(業務用)

H-01
引用元:株式会社ブレイン
https://brain-h2.jp/hydropower/products/
販売価格1,320,000円
レンタル/リース価格公式サイトに記載なし
水素発生量 12L/h
水素純度公式サイトに記載なし
サイズ W289×H386×D392
重さ 7.5kg

実績豊富な水素吸入器の
販売価格を比較表でチェック!

水素発生量が頼もしい

たくさんの水素関連商品が発売される中、製品選びの際に注目したいポイントは水素発生量。ブレインのハイドロパワー H-01(業務用)は、その水素発生量に大きな特徴があります。水素発生量は12L/hです。これがどのような量かというと、ハイドロパワーで60分水素吸入をした場合に水素水を150L~200L飲んだことに相当します。医学的にも注目されている水素。ハイドロパワーなら、効率良く水素を発生させられるということが分かります。水素を活用したいシーンで頼もしい存在だと言えるでしょう。

吸収効率が良い水素

人の体への吸収は、固体より液体、液体より気体が高効率です。気体が最も吸収率が高い形態と言えます。気体で摂取する水素は、即効性が期待可能です。血管を通って脳や臓器などの重要器官を巡り、体のすみずみまで即座に行きわたるとされています。ブレインのハイドロパワー H-01(業務用)は、ガスという気体の状態で水素を発生させ吸引するので、体への吸収効率がいいのも特徴のひとつです。

また、電気分解方式により「水素66%」「酸素33%」の濃度で発生させた混合気体であることもポイント。直接体内に取り入れることが可能で、肺を通って速やかに血管に吸収されるのです。そのため、効果が求められる医療機関でも導入されています。

また、気体はもちろん、液体にも対応可能。水素水の製造もできるハイブリットタイプです。状況やニーズに合わせて使い分けられます。

日本ですべて手作り

ハイドロパワー(Hydro Power)は、「Hydrogen(水素)」と「Power(力)」を組み合わせた造語です。水素のチカラで体内の細胞をケアするという意味が込められています。そんな体の深いところにアプローチする水素だからこそ、機器の性能・品質には一層のこだわりが必要です。ブレインでは、日本国内で全てを手作業で生産しています。精密機器の組み立てや高度な加工技術が世界でも高い評価を受けている日本品質の機器です。

ブレインの独自技術でオゾンの発生を抑制

電気分解方式で高濃度の水素を発生させるというときに心配なのは、オゾンの発生です。水素を電気分解で発生させると、同時にオゾンが発生します。低濃度のオゾンは人体への影響は心配ありません。ただし、高濃度のオゾンは目や鼻腔、喉を刺激するなど、人体への悪影響が考えられます。日本産業衛生学会の定めでは、オゾンに関する作業環境での許容濃度は0.1ppm以下です。

ブレインでは、独自技術によって、余分なオゾンの発生を抑制することに成功しました。CERI試験報告書によると、発生するオゾンは、0.022ppm。これは、森林浴中のオゾン濃度に相当し、検知器では「0」となる数字です。

うれしい省電力設計

医療機関などで機器を使用する場合は、そのランニングコストも気になるところ。ブレインのハイドロパワーは省電力な点も嬉しいポイントです。消費電力は、業務用で90wと通常の家電より低いのが特徴。家庭用では30wとなっています。独自の設計で、省電力を実現。省電力に貢献してくれます。

ブレインの水素吸入器はこんな
施設におすすめ

ブレインの水素吸入器は、12L/hという水素発生量やオゾン発生抑制の独自技術が大きな魅力です。すべて日本で手作りしている高品質な機器。エンドユーザーの「健康」と真剣に向き合っている会社なので、病院や整骨院など、健康を扱っている施設におすすめです。

実績豊富な水素吸入器の
スペックを比較表でチェック!

ブレインはどんな水素吸入器
メーカー?

東京都中央区日本橋に本社がある水素吸入器メーカーです。2014年に設立。水素吸入器の他に健康食品の企画販売にも取り組んでいます。「普段の生活を体調などを気にせずに笑顔で送ること」を健康と捉え、人生に長く寄り添うことを目標にサービスの提供・製品開発に取り組んでいる会社です。

主な取引先は、医療機関や整骨院等の施設です。専門施設を通して個人の健康に深く関わっているという意識を持ち、技術力の向上に対して貪欲に取り組んでいます。健康維持の目的からスタートした水素ガスの活用ですが、現在ではがん治療現場まで活用範囲が拡大。変化を恐れず、有効だと思われる技術は取り入れ、幅広いニーズに応えるのがブレインのモットーです。

株式会社ブレインの会社情報

あなたはどのタイプ? お悩みで探す「おすすめ水素吸入器」 

信頼できる製品が
わからない…

そんなあなたは

「納入実績」
で選ぶべき

導入コストは
かけられない…

そんなあなたは

「価格の安さ」
で選ぶべき

場所をとらないか
不安…

そんなあなたは

「サイズ」
で選ぶべき