「業務用水素吸入器」の水先案内サイト ~すいすいB~ » 水素吸入器メーカー・販売代理店リスト » ミライプラス

ミライプラス

目次

ミライプラスの主な水素吸入器

ダブル水素ボトル

富士のチカラ
引用元:ミライプラス
https://www.miraiplus.co.jp/product/167
販売価格(税込) 181,440円
レンタル/リース価格(税込) 公式サイトに記載がありませんでした。
水素発生量 10,000ppm以上
水素純度 0.4~1.1ppm(溶在水素濃度)
サイズ 幅60mm×高さ197mm
重さ 205g

特許を取得した高分子膜と三角柱構造

特許を取得した高分子膜と三角柱構造が特徴的なダブル水素ボトル。高分子膜と三角柱構造を組み合わせることで純度の高い水素ガスを生成することに成功しました。

仕組みとしては、まず電気分解で水を水素と酸素に分け、高分子膜でふるいにかけます。ダブル水素ボトルには、電気分解で作られた水素のみを三角柱からカニューラに通す仕組みが搭載されています。

そうすることで水素吸入を行う際に吸うことになる、水素ガスの純度を向上させられるのです。ミライプラスが導入している高分子膜の目は非常に細かく、水素の中でも細かい気泡のみしか通過できません。酸素は気泡が大きいので、三角柱を通ってカニューラに入ってこられない構造になっています。出口をと通って空中に出ていきます。

参照元:ミライプラス(https://www.miraiplus.co.jp/product/167)

水素が抜けづらい

ミライプラスのダブル水素ボトルは溶存水素濃度が1.11ppm以上あります。水素が水に溶けるのに対し、酸素は水に溶けない特殊な高分子膜を活用しています。高分子膜の仕組みがダブル水素ボトルの特徴であり、水素が水から抜けづらいので、水素水を作った後慌てて飲む必要がありません。高分子構造膜を採用しているのは、時間が経っても水素が抜けていかないようにするためなのです。

その抜けづらさは、7.5時間が経過しても溶存水素濃度が半分程度しか減らないほど。0.4ppmの水素水を作るのに3分半、1.1ppmの溶存水素濃度の水素水を作るのに30分しかかからないのを鑑みても、作成時間に対し長持ちするのが分かるでしょう。

参照元:ミライプラス(https://www.miraiplus.co.jp/product/167)

ミライプラスの水素吸入器はこんな
施設におすすめ

ミライプラスの水素吸入器は、オフィスで働いている方などにおすすめです。充電しておけばどこへでも手軽に持ち運ぶことができ、コンパクトなデザインなので場所を取りません。水素水を生成しておいて仕事場に持っていくこともできますし、自宅で利用することも可能です。気軽に持ち運べる点と、水素が抜けにくい点がミライプラスの水素吸入器の強みなので、積極的に携帯して外出先で利用すると良いでしょう。

目的別のおすすめ水素吸入器3選をチェック!

ミライプラスの水素吸入器の主な
納入実績

公式サイトに記載がありませんでした。

実績豊富な水素吸入器の
スペックを比較表でチェック!

ミライプラスはどんな水素吸入器
メーカー?

健康寿命を伸ばすサポートをしている

ミライプラスは健康寿命を伸ばすサポートをしている水素吸入器メーカーです。健康寿命を伸ばすために、運動や食事などに着目するだけでなく、生活習慣を改善し、楽しく生活できる手助けを模索しています。

さらに、体に負担をかけることなく水素を手軽に摂取えきるよう、水素ガス吸入器や水素風呂、水素入浴剤、携帯用水素水、水素水サーバーなど幅広く製品を手がけているのも特徴の一つ。製品のバリエーションの豊かさがミライプラスの魅力です。

ミライプラスの会社情報

あなたはどのタイプ? お悩みで探す「おすすめ水素吸入器」 

信頼できる製品が
わからない…

そんなあなたは

「納入実績」
で選ぶべき

導入コストは
かけられない…

そんなあなたは

「価格の安さ」
で選ぶべき

場所をとらないか
不安…

そんなあなたは

「サイズ」
で選ぶべき