「業務用水素吸入器」の水先案内サイト ~すいすいB~ » 施設別で水素吸入器の導入事例 » スポーツ施設の導入事例

スポーツ施設の導入事例

目次

ここでは、ジムやフィットネスクラブといったスポーツ施設での水素吸入器の導入事例をピックアップしてご紹介します。水素吸入器を導入するメリットや、機器の選び方もまとめたので、ぜひ参考にしてください。

ジム・フィットネスクラブで水素吸入器を
導入するメリット

水素には抗酸化作用があり、体内で体の中の活性酸素と結びついて水をつくり、汗や尿として体の外に排出してくれます

このため、水素を吸入することで、慢性疲労・不眠・便秘や下痢・頭痛・腰痛・肩こり・目の疲れ・むくみ・冷え性といった慢性的な不調の改善、自律神経を整える、生活習慣病予防、シミ・肝斑抑制、美肌効果、ニキビ・毛穴予防、艶肌効果、老化抑制、シワ・たるみ予防などの効果が期待されています。

最近では、ハードなトレーニングや遠征の多いトップアスリートの利用や、スポーツクラブやジムへの導入例が増えてきました。乳酸値の上昇抑制、持久力向上、疲労感の軽減、代謝アップ、集中力や判断力の向上など、水素のさまざまな働きにより、運動効果・スポーツパフォーマンスをより高めてくれると期待されているのです。

【写真付】スポーツ施設の導入事例を紹介

水素吸入器メーカー30社の導入事例を調査したところ(2022年2月時点)、公式ホームページで多くの事例を公開していたのはヘリックスジャパンでした。その事例をいくつかご紹介します。

ジムやフィットネスクラブなどのスポーツ施設で実際に利用されている水素吸入器の導入事例を写真付きで紹介。ここでは、ヘリックスジャパンの水素吸入器の事例をピックアップしています。

フィットネスクラブ ピノスけいはんな

イメージ
    
引用元:ヘリックスジャパン
https://helixj.co.jp/cases/2/

京都府と奈良県の県境に位置するフィットネスクラブ「ピノスけいはんな」にハイセルベーターが導入されています。自然素材を多用した寛ぎの空間と、多数の健康運動指導士が在籍している安心感のある体制のもと、水素吸入を楽しむことが可能です。

実は、スポーツ選手にも水素吸入が取り入れられることがあり、好感触を得ているという背景があるのです。

機器を設置するにあたり、こちらの施設のコーチも水素吸入を試しています。少し体に疲労感がある状態で吸入をおこないました。すると、すぐに眠りに落ちてしまい、目覚めたときには心地のよさが感じられるリラックス状態だったとのことです。その好感触から、週に1回ほどのペースで、自分でも続けていきたいと考えているようです。

フィットネス&スパ Zeroスポーツ

イメージ
    
引用元:ヘリックスジャパン
https://helixj.co.jp/cases/23/

天然温泉を併設した、充実のフィットネス&リラクゼーション設備が魅力のZeroスポーツ。水素バーにてハイセルベーターET100を2台導入し、水素吸入を提供しています。測定器での測定結果をもとに、一人ひとりに合ったレッスン・トレーニングや、生活習慣のアドバイスなども好評です。

リード

 リード
引用元:リード
https://klead.xsrv.jp/%E6%B4%BB%E6%80%A7%E9%85%B8%E7%B4%A0%E5%AF%BE%E7%AD%96%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E5%90%B8%E5%85%A5%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E9%96%8B%E5%A7%8B%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E2%98%86/

パーソナルトレーニングジムの「リード」でも、水素吸入器を導入しています。ジムを利用しているお客さんが、より大きな満足を得ることができるようにするために、無料で水素吸引のサービスをスタートしています。細胞を傷つけてしまうといわれている活性酸素。ストレス、喫煙、飲酒、スポーツをすることで発生するといわれています。その活性酸素を取り除く効果が期待できるアイテムとして水素吸入器が設置されました。運動と水素の組み合わせで、ただ運動を行うよりも相乗効果が期待できるでしょう。

Personal Body Lab.

 Personal Body Lab.
引用元:Personal Body Lab.
https://www.atpress.ne.jp/news/98396

西麻布のパーソナルトレーニングジムであるPersonal Body Lab.でも水素吸入器が取り入れられています。社会での活躍を目指している女性、そして健康志向の強い女性のお客さんの、心と体における美のサポートを目的にしており、リラクゼーション効果を得るためのアロマ水素吸入器を導入しています。

プログラム内容も本格的で、医師との共同開発によるものを採用しています。医師が監修したトレーニング+水素吸入のプログラムなので、不安を感じずに挑戦できそうですね。ちなみに、アロマ水素吸入メニューは、1時間3,000円(税抜き)の料金設定になっています。

トータルコーディネートジム虹空

イメージ
    
引用元:トータルコーディネートジム虹空
https://www.niji-zora.com/access

トータルコーディネートジム虹空は建物内にジム・鍼灸整骨院・コンディショニング調整施設を併設し、トレーニングとケアの両面から健康づくりをサポートしているスポーツ施設です。コンディショニング調整施設では、高濃度水素吸入器を使った物療メニューを提供しています。

虹空が導入している高濃度水素吸入器は、30分で水素水465L相当の水素を吸入することが可能。高濃度水素により、運動パフォーマンスの向上や疲労・ストレス緩和、免疫強化といった効果を期待できるそうです。高濃度水素吸入器は会員以外でも利用可能ですが、施設内のサービスと併用すれば通常の半額価格でお得に水素吸入を体験できます。

アッティーボジム

イメージ
    
引用元:アッティーボジム
https://attivo.jp/inzai.html

アッティーボジムは月会費3,300円~(税込)のリーズナブルな料金設定で、初心者から上級者までのトレーニングをサポートしているスポーツ施設です。継続しやすい低価格な料金でありながら、豊富な台数の有酸素マシンや高品質なウエイトマシンを取り揃え、結果を出しやすいトレーニング環境を整えています。

オプションメニューとして、1台で4人同時に使用できる吸入用水素ガス生成器を導入。月会費1,100円(税込)で利用でき、利用者からは「翌朝の身体が軽く感じるようになった」「トレーニング後の身体の疲れをリセットして家に帰れる」という声があがっています。

NeeDS(ニーズ)

イメージ
    
引用元:NeeDS(ニーズ)
https://nds-training.jp/honten/

神戸に3店舗を構えるNeeDSはマンツーマンによるサポートで、利用者の生活の質の向上を目指しているプライベートジムです。専門的かつ親身な指導で利用者からの支持を得ており、利用者の8割以上が3年以上継続している退会率の低さからも、顧客満足度の高さが伺えます。

NeeDSでは利用者の身体のケアにも力を入れており、2016年11月から30分間の水素ガス吸入コースの提供を開始。もともと会員向けに水素ガス吸入体験を行っており、利用者から好評だったことからケアコースとしての提供に至っています。実際にスタッフが体験したところ、「目がスッキリして視界が見えやすく感じる」「リラックスできた」などの効果を実感できているとのことです。

導入事例まとめ

フィットネスクラブやジムなどのスポーツ施設でも、水素吸入器を導入し、サービスを充実させているところが少なくありません。確かに、エクササイズやスポーツをして疲れているときに、ゆったりとした心持で水素吸入ができる環境が整っている施設であれば、お客さんに対するアピールのひとつになりそうです。

なかには、充実した水素吸入を体験してもらうために、健康運動指導士がたくさん在籍しているフィットネスクラブもありますし、あるいは、医師の監修による水素吸入を取り入れたトレーニングメニューを設けているパーソナルトレーニングジムもあります。

目的別のおすすめ水素吸入器3選をチェック!

ジム・フィットネスクラブに導入するなら
どんな水素吸入器を選ぶべき?

一口に水素吸入器と言っても、機能、価格、サイズなど、メーカーによってさまざまな種類があります。スポーツ施設で導入する際に重視したいのは、水素吸入器のスペックです。

せっかく導入しても効果が感じられなければ、かえって顧客満足度を下げてしまいます。製品ごとに、発生する水素の量や濃度などをよく確認しましょう。中には、水素と酸素を合わせた量を発生量として謳っていたり、水素がほとんど出ていない機器もあるので要注意です。導入実績が豊富で、エビデンスに基づいた製品づくりを行っているメーカーの製品なら、安心感をもって導入できますね。

また、多くの人が利用するスポーツ施設では、使いやすさやメンテナンス性も重要なポイント。製品ごとの扱いやすさや保証・サポート体制などをよく確認しましょう。 下記のページでは、導入実績が豊富な信頼できる水素吸入器の水素発生量や価格、コスパについて比較しています。フィットネスクラブやジムに導入を検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。

信頼できる水素吸入器の
スペックを比較表でチェック!

水素吸入器を導入したい!
費用相場とは?

ジムやフィットネスクラブなどのスポーツ施設に水素吸入器を設置し、活用している事例をいくつかご紹介してきました。水素吸入器導入について関心が高まった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、導入するとなると、価格も気になりますよね。そこで、販売価格の比較表を作成してみました。リーズナブルな製品を選んで比較しているので、コストをできるだけおさえて導入したいと考えている方は、ひとつの目安として、ヒントにしてみてください。

業務用水素吸入器の
販売価格を調査してみました!

スポーツ施設への導入は購入とレンタルどちらが良い?

水素吸入器の導入には購入とレンタルの2つの方法があり、どちらを選べばいいのか悩んでいるジム経営者の方も多いのではないでしょうか。運動効果やスポーツパフォーマンスの向上が期待される水素吸入器を施設のアピールポイントとして取り入れたいものの、高額な費用のために導入に踏み出せないという方もいるでしょう。

効果を確かめる前に購入するのは不安という方には、レンタルがおすすめです。ただし、すべての水素吸入器メーカーや販売代理店がレンタルに対応しているわけではないので、レンタルの有無を確認するようにしましょう。また、気になるレンタルの費用相場や契約期間の縛り、解約金の有無、チェックすべきポイントについても解説します。

スポーツ施設への導入は購入と
レンタルどちらが良い?

あなたはどのタイプ? お悩みで探す「おすすめ水素吸入器」 

信頼できる製品が
わからない…

そんなあなたは

「納入実績」
で選ぶべき

導入コストは
かけられない…

そんなあなたは

「価格の安さ」
で選ぶべき

場所をとらないか
不安…

そんなあなたは

「サイズ」
で選ぶべき