「業務用水素吸入器」の水先案内サイト ~すいすいB~ » 業務用水素吸入器の基礎知識

業務用水素吸入器の基礎知識

ここでは、業務用水素吸入器の基礎知識をご紹介しています。長く使い続けるものなので、料金の安さだけで商品選びをするのではなく、確かな基準で比較して商品選びをするようにしましょう。

業務用水素吸入器の選び方

業務用水素吸入器の導入を検討し、いざ製品選びを始めてみると、あまりにも多くの製品が市場に出回っていることに気づきます。それら多くの製品の中から数点の候補をピックアップし、それぞれの製品のパンフレットを比較してみるのですが、一体何を基準にして製品の優劣を決めるべきかの判断は、決して容易ではありません。結果、値段や見た目などを重視して製品を選んでしまい、導入後に後悔するという例も多くあるようです。

業務用水素吸入器は、決して安い買い物ではありません。高額な初期投資が必要となる以上、導入後に後悔しないよう慎重に製品選びをする必要があります。

製品選びのポイントにはいくつかありますが、それらの中でも特に大事なポイントが「導入実績」「水素発生量」「連続吸入時間」「導入費用・ランニングコスト」「手入れ・メンテナンス」の5点。このページでは、これら5点の基準について詳しく解説しています。後悔のない製品選びをしたい方の参考になれば幸いです。

業務用水素吸入器の選び方

業務用水素吸入器の注意点

大学病院や各種治療院などで広く導入が進んでいる業務用水素吸入器。信頼ある施設で導入されているということもあり、中には、これを商機にと信頼性に疑問のある製品をリリースしているメーカーもあるようです。

しかしながら、どんなにパンフレットを熟読しても、その製品の本当の信頼性は見えてきません。結果、高額な費用をかけて、不具合やトラブルが多発する製品を手にしてしまうケースもあるようです

業務用水素吸入器を導入する場合には、すでに市場で信頼の確立された製品を購入することがベターです。信頼が確立されているかどうかを判断するためには、メーカーの営業姿勢や製品の具体的な導入実績、水素吸入器の取り扱いに関する丁寧な説明の有無などを確認することがポイントです。

ここでは、業務用水素吸入器の導入を検討している方に向け、製品を比較する際の3つの注意点を詳しく解説しています。長く安心して使い続けられる信頼の水素吸入器を選ぶようにしましょう。

業務用水素吸入器の注意点

水素吸入器のレンタル

そもそものお話として、水素吸入器はレンタルできるのかという疑問をお持ちの方も多いことでしょう。答えは“Yes”。ただし、すべての水素吸入器がレンタル可能という訳ではなく、手掛けるメーカーや代理店などによって対応が分かれています。

またレンタル費用も安いものであれば月額4,000円~5,000程度から、高いものだと月額10万円を超えるというケースまであります。さらにはレンタル費用に加え、登録料や送料、解約料や違約金が発生する場合もあるので注意が必要。精製水あるいは専用水、カニューレなどの消耗品費用も必要になります。

また、それらの費用面だけでなく、それぞれの水素吸入器が1分あたり何mlの水素を生成できかを示す「水素発生量」のチェックも大切。数値が大きければそれだけ高性能と言えます。

なお、率直に言ってしまいますと、水素吸入器を手掛ける業界はまだまだ成熟しておらず、様々なタイプの業者が乱立しているというのが実情。いわゆる悪徳業者やそれに近い手合いがいないとも限りませんので、注意が必要です。

水素吸入器のレンタル

水素吸入器の市場規模

水素商材の2022年の市場規模は約211億円。ここにアルカリイオン整水器を加えると約400億円となっています。アイテム別に見ると、好調だったのは水素吸入器。次いで家庭で水素水を作れる水素水生成器や水素ヘアートリートメントが人気でした。また、在宅勤務者が増えた影響で水素水入浴剤も好評です。

水素吸入器の2022年市場規模は、推計30億円です。大型機種は総合医療を実践するクリニックでの医療サポートとして導入されているほか、治療院やエステサロン、リラクゼーション施設などへの導入も増えています。

一方、携帯型や卓上型水素吸入器はアスリートやモデル、芸能人などが主なメインユーザーです。有名人がSNSを通じて情報を発信することで一般ユーザーに広がりつつありますがまだ認知度が低く、今後一般ユーザーへの普及啓発が市場拡大のカギとなるでしょう。また、新型コロナの影響も徐々に薄れてきたことから海外展開も復活の兆しがみられています。

水素吸入器の市場規模

水素吸入器の種類

水素吸入器は大きく分けて家庭用・業務用・携帯用の3つの種類があります。ただ家庭用と業務用の明確な違いは定まっておらず、価格などによってメーカー側が独自で設定しているのが現状です。価格で比べると業務用が最も高額で100万円を超える製品がほとんどとなっており、携帯用であれば数万円ほどから購入できます。またサイズ感で言えば携帯用が最もコンパクトでしょう。家庭用や業務用の水素吸入器の場合、鼻から吸うタイプと空気中から自然に吸入するタイプがあり、設置する環境や利用方法などに合わせて選択してください。水素吸入器によって発生する水素量や純度なども異なるため、いろんな製品を比較して、自分に合っているものを選ぶようにしましょう。

水素吸入器の種類

水素吸入器のカニューレ(カニューラ)のお手入れ方法

カニューレとは水素吸入器と鼻を繋ぐチューブのことで、カニューレを通って水素を吸入しています。そのためカニューレを適切に装着しなければ、思うように水素を吸入できないこともあるので注意しましょう。またカニューレを使用するうえで最も大切な点が清潔に保つということ。鼻に直接触れる部分もあり、不潔なまま使用し続けて入れば細菌が繁殖する要因になるので要注意です。マニュアル的には繰り返しの使用はNGとされていますが、毎回交換していれば経済的負担になってしまうでしょう。そのため鼻の部分だけを水洗いし、綿棒などで水分を拭き取るようにしてください。水分が残っていると菌が増殖する恐れがあります。また汚れ・破損などがあれば、必ず交換してください。

水素吸入器のカニューレ(カニューラ)のお手入れ方法

水素吸入器の水素ガス発生量

水素吸入器をチェックする際、水素ガス発生量をチェックする方が多いでしょう。水素ガス発生量は運動後・過度なストレスを抱えているときなどは1分間130~200㎖、平時のときは1日700㎖を基準となります。また単位も「ppm」「ml」の2つがあり、ppmは1㎥のなかに何㎖の水素ガスが含まれているかを表し、mlは水素ガス発生量そのものを表しているのです。そのため数字だけで見れば、ppmのほうが多いと感じるかもしれませんが、実際に計算し比較しなければわかりません。さらに水素ガスは多ければ多いほどいいわけではなく、大量に吸入すれば酸素欠乏を引き起こす恐れもあるため注意が必要です。そのため適正量を吸入できる機器を選ぶようにしましょう。

水素吸入器の水素ガス発生量

水素吸入器のランニングコスト

水素吸入器を導入するにあたって、どれくらいの費用が掛かるのか事前にチェックするのは大切です。機器の費用だけでなく、電気代・消耗品代・メンテナンス代などのランニングコストがあり、電気代は機器によって異なりますが、1か月でおよそ100円前後が見込まれます。消耗品代やメンテナンス代はメーカーによって異なり、メンテナンスは年に3万~4万ほどかかります。ランニングコストを抑えようとメンテナンスを受けないケースがありますが、不具合が生じやすくなり大きな故障に繋がる可能性が高くなります。トラブルを防ぐためにも、メーカーが推奨しているメンテナンスは欠かさずに受けましょう。

水素吸入器のランニングコスト

水素吸入器は中古もあり?新品との違いとは?

新品と中古の大きな違いは「メーカーの保証の有無」「維持費の高さ」が挙げられます。新品であればメーカー保証が数年間ついているのが一般的ですが、年数が経った中古の場合は保証が切れていることも。そのため故障・トラブルが発生した場合に実費で修理する必要があります。中古で初期費用を抑えたとしても、ランニングコストが割高になってしまうと意味がないので注意しましょう。しっかりと中古水素吸入器の状態・保障の有無・付属品の有無などをチェックしたうえで、中古水素吸入器を購入するかどうかを検討してください。

水素吸入器は中古もあり?新品との違い

水素吸入器をお試しすることはできる?

水素吸入器を事前にお試しすることは可能です。もちろんメーカーや商品によって、お試しサービスに対応しているかどうかは異なるため、気になる商品があれば一度問い合わせてみてください。お試しサービスを活用すれば実際に水素吸入器を細かくチェックできるため、導入後に思っていたのと違った…と後悔するリスクは抑えられるでしょう。ただし送料等の費用がかかるケースもあるので、必ずお試しサービスを活用する前に費用や期間について確認することが大切です。またメーカーによっては水素吸入トライアルスペースが用意されているケースもあるので、利用したいのであれば直接問い合わせてみてください。

水素吸入器をお試しすることはできる?

あなたはどのタイプ? お悩みで探す「おすすめ水素吸入器」 

信頼できる製品が
わからない…

そんなあなたは

「納入実績」
で選ぶべき

導入コストは
かけられない…

そんなあなたは

「価格の安さ」
で選ぶべき

場所をとらないか
不安…

そんなあなたは

「サイズ」
で選ぶべき